認知症者に対するメマンチン、認知障害だけでなくBPSDにも有用

第一三共株式会社のKaoru Okuizumi氏らは、アルツハイマー病(AD)患者に対する臨床的に有用な薬物治療を明らかにするため、臨床的悪化を評価するレスポンダー解析を用いて、メマンチン(商品名:メマリー)の評価を行った。Expert opinion on pharmacotherapy誌オンライン版2018年3月6日号の報告。

本研究は、2つの24週間多施設ランダム化二重盲検プラセボ対照研究のメタ解析として実施した。対象は、中等度~重度の日本人AD患者633例(メマンチン[20mg/日]群318例、プラセボ群315例)。

主な結果は以下のとおり。

・メマンチン群とプラセボ群を比較した臨床的悪化の減少に対する全体的なオッズ比(OR)は、それぞれの総合評価尺度において統計学的に有意であった。
◆重度認知症患者向けの認知機能評価尺度日本語版(Severe Impairment Battery:SIB-J)OR:0.52、95%CI:0.37~0.73、p=0.0001
◆アルツハイマー病行動病理学尺度(Behavioral Pathology in AD Rating Scale: BEHAVE-AD)
OR:0.53、95%CI:0.37~0.75、p=0.0003
◆SIB-Jと臨床面接による認知症変化印象尺度日本語版(Clinician’s Interview-Based Impression of Change:CIBIC-plus-J)
OR:0.53、95%CI:0.37~0.77、p=0.0009
・メマンチン群は、プラセボ群と比較し、SIB-J、BEHAVE-AD、CIBIC-plus-Jを組み合わせた評価尺度において、3重の悪化リスクの有意な減少が認められた(OR:0.38、95%CI:0.22~0.65、p=0.0003)。

著者らは「メマンチンは、AD患者の認知障害だけでなく、認知症患者の行動と心理症状(BPSD)を含むより広範な症状に対する治療選択肢でもある」としている。

出典

Okuizumi K, et al. Expert Opin Pharmacother. 2018 Feb 16. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました