脳の低酸素状態を改善する高気圧酸素療法、認知症治療への可能性

 低酸素症などの環境的要因がアルツハイマー病(AD)の発症に影響を及ぼす可能性が報告されている。体内組織の酸素供給や脳の低酸素状態を改善する高気圧酸素療法は、ADおよび健忘型軽度認知障害(aMCI)の代替療法となりうる可能性がある。中国・大連医科大学のJianwen Chen氏らは、ADおよびaMCIに対する高気圧酸素療法の潜在的な治療効果について調査を行った。Alzheimer’s & Dementia(New York, N. Y.)誌2020年6月14日号の報告。

 対象は、高気圧酸素療法を受けたAD群42例、aMCI群11例および高気圧酸素療法を受けなかった対照AD群30例。AD群およびaMCI群には、1日1回40分間の高気圧酸素療法を20日間実施し、治療1、3、6ヵ月後のフォローアップ時にミニメンタルステート検査(MMSE)、Montreal Cognitive Assessment(MoCA)、ADL尺度を含む神経精神医学的評価を行った。対照AD群の臨床プロファイルは、AD群と同様であった。AD/aMCI群の10例については、FDG-PET検査を実施した。

主な結果は以下のとおり。

・自己比較研究では、1コースの高気圧酸素療法において以下の改善が認められた。
 ●1ヵ月後、AD群のMMSE、MoCAスコアの有意な改善
 ●3ヵ月後、aMCI群のMMSEスコアの有意な改善
 ●1、3ヵ月後、aMCI群のMoCAスコアの有意な改善
 ●1、3ヵ月後、AD群のADLスコアの有意な改善

・AD群は、対照AD群と比較し、1ヵ月後のMMSE、MoCAスコアの有意な改善が認められた。

・高気圧酸素療法は、一部のAD群およびaMCI群の脳グルコース代謝の低下を改善した。

 著者らは「以前の研究と今回の結果によると、高気圧酸素療法は、ADやaMCIの有望な代替療法となりうる可能性が示唆された」としている。

出典

Chen J, et al. Alzheimers Dement (N Y). 2020;6:e12030.

コメント

タイトルとURLをコピーしました