抗認知症薬と抗コリン薬の併用、アジア太平洋諸国の現状

抗認知症薬と抗コリン薬の併用は、頻繁に行われている。コリンエステラーゼ阻害薬と抗コリン薬の併用は、相互に作用を打ち消し、患者へのベネフィット低下、副作用の増加、ケアコストの増大につながる。米国・ハワイ大学のBrian R Schultz氏らは、アジア太平洋諸国の都市部の病院における、コリンエステラーゼ阻害薬およびメマンチンと抗コリン薬との併用処方の割合を確認した。Psychogeriatrics誌オンライン版2017年4月7日号の報告。

本研究は、2006年1月~2010年12月に、FDA承認の抗認知症薬(ガランタミン[商品名:レミニールほか]、リバスチグミン[イクセロン、リバスタッチ]、ドネペジル[アリセプトほか]、メマンチン[メマリー])と抗コリン薬を同時に投与された、一般病院の入院患者対象のレトロスペクティブレビューとして行った。

主な結果は以下のとおり。

・コリンエステラーゼ阻害薬およびメマンチンと抗コリン薬を同時に投与されていた患者は、全体で304例であった。
・高力価抗コリン薬は64.1%、中力価抗コリン薬は35.9%であった。
・抗コリン薬の適応は、泌尿器系(17.8%)、胃腸を除く消化器系(32.6%)、悪心(10.2%)、精神科系(7.9%)、その他(31.6%)であった。
・アジア人(8.4%)は、ハワイ先住民(12.2%)または白人(13.3%)よりもコリンエステラーゼ阻害薬およびメマンチンと抗コリン薬を併用する割合が少なかった(χ2=16.04、自由度=2、p<0.0003)。

著者らは「コリンエステラーゼ阻害薬およびメマンチンと抗コリン薬の同時処方は、民族間で違いはあるものの、以前の研究と比較し有意に少なかった。アジア人の同時処方の減少は、集団間の抗コリン薬に対する適応症の割合または忍容性の変化が原因であろう」としている。

出典

Schultz BR, et al. Psychogeriatrics. 2017 Apr 7. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました