ラメルテオン(ロゼレム)の術後せん妄に対する予防効果は

 高齢患者における胃がん症例数は増加しており、術後せん妄を予防する重要性は高まっている。静岡県立静岡がんセンターの本田 晋策氏らは、胃切除後の高齢患者における術後せん妄の予防に対するラメルテオン(商品名:ロゼレム)の有効性を評価するため、単施設プロスペクティブ第II相試験を実施した。Surgery Today誌オンライン版2020年7月8日号の報告。

 対象は、75歳以上の高齢患者。手術の8日前から退院までラメルテオン8mg/日を投与した。術後せん妄の評価には、集中治療室におけるせん妄評価法(CAM-ICU)を用いた。

主な結果は以下のとおり。

・2015年9月~2017年7月までに83例が登録された。そのうち、適格基準を満たした76例を分析に含めた。

・術後せん妄は、4例(5%)で認められた(60%信頼区間:3.0~8.7)。

・信頼区間の上部マージンは閾値の13%よりも低く、帰無仮説は否定された。

 著者らは「ラメルテオンの周術期投与は、胃切除後の高齢患者における術後せん妄の予防に、安全かつ実現可能であることが示唆された」としている。

出典

Honda S, et al. Surg Today. 2020 Jul 8. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました