小児に対する抗精神病薬、心臓への影響は

小児および青年に対する抗精神病薬の使用は、米国のみならず欧州においても大幅に増加している。しかし、小児に対する第2世代抗精神病薬(SGA)の心臓への安全性に関するエビデンスは限られている。スペイン・Sant Joan de Deu病院のJose A Alda氏らは、小児および青年に対するSGAの心臓への副作用を評価し、臨床、人口統計、治療因子による影響を検討した。Journal of child and adolescent psychopharmacology誌オンライン版2016年1月18日号の報告。

本研究は、抗精神病薬の治療を開始した未治療または準未治療の小児および青年216例を対象に、自然的縦断的多施設共同研究にて実施された。12ヵ月(ベースライン、3,6,12ヵ月)の補正QT(QTc)間隔や心拍数などの変数に対する抗精神病薬治療の影響を分析した。サンプルで使用された3種類の主要な処方薬(リスペリドン[商品名:リスパダールほか]、クエチアピン[セロクエルほか]、オランザピン[ジプレキサほか])の違いを評価した。

主な結果は以下のとおり。

・211例がクエチアピン、リスペリドン、オランザピンのいずれかで治療を行った。
・フォローアップ期間中に有意なQTcの変動は認められなかった(p = 0.54)。
・SGA間のQTc率の差は認められなかった(リスペリドン vs.オランザピン:p=0.43、リスペリドンvs.クエチアピン:p=0.42、オランザピンvs.クエチアピン:p=0.23)。
・人口統計、臨床、併用治療の変数を考慮すると、ベースラインの太り過ぎのみがQTc延長と相関していた(p=0.003)。
・全サンプルの心拍数は、フォローアップ期間中に減少傾向にあった(p=0.054)。
・しかし、クエチアピン治療患者は、リスペリドン治療患者と比較し、心拍数の増加が認められた(p=0.04)。
・本サンプルにおいて、SGAは小児や青年に対し安全な心臓への副作用プロファイルを有し、QTc間隔や心拍数の平均的な増加は認められなかった。

出典

Alda JA, et al. J Child Adolesc Psychopharmacol. 2016 Jan 18. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました