小児攻撃性に対する抗精神病薬の効果~メタ解析

小児における攻撃性や過敏性は、診断のさまざまな段階で認められ、経済的なコストおよび負の社会心理的アウトカムと関連している。このような場合、抗精神病薬が一般的に用いられる。小児の攻撃性および過敏性に対する抗精神病薬の効果についてメタ解析が行われた。

米国・イェール大学のGerrit I van Schalkwyk氏らによる、Expert review of neurotherapeutics誌2017年10月号の報告。

14件の無作為化比較試験のランダム効果メタ解析を行った。攻撃性および過敏性に対する抗精神病薬の全体的なエフェクトサイズを算出した。診断指標、特定の薬剤、鎮静の程度によってサブグループ解析を行った。抗精神病薬の用量効果を調べるため、メタ回帰分析を行った。

主な結果は以下のとおり。

・全体として、抗精神病薬は、攻撃性および過敏性の軽減に有効であった(SMD:0.74、95%CI:0.57~0.92、z=8.4、p<0.0001)。
・層別サブグループ解析では、個々の抗精神病薬の有効性に違いは認められなかった(χ2=1.1、df=3、p=0.78)。
・アリピプラゾール(商品名:エビリファイほか)およびリスペリドン(商品名:リスパダールほか)は、プラセボよりも有意なベネフィットを有していた。
・抗精神病薬の効果には、診断指標に基づく有意な違いは認められなかった(χ2=4.2、df=4、p=0.39)。
・メタ回帰分析では、全体的な用量効果は認められなかった。

著者らは「臨床データでは、攻撃性および過敏性に対するアリピプラゾール、リスペリドンの効果が認められた。他の薬剤では、利用可能なデータが不十分であった。根本的な診断、薬剤の選択もしくはその鎮静作用の程度に基づく効果の違いは、利用可能なデータでは認められなかった」としている。

出典

van Schalkwyk GI, et al. Expert Rev Neurother. 2017;17:1045-1053.

コメント

タイトルとURLをコピーしました