統合失調症

統合失調症

日本での抗精神病薬使用、高用量の特徴は

抗精神病薬は、複数の向精神薬と併用し、高用量で処方されることが一般的である。京都大学の高橋 達一郎氏らは、統合失調症患者に対する抗精神病薬の高用量処方に焦点を当て、患者の特徴および向精神薬併用との関連を特定するため調査を行った。
統合失調症

日本での抗精神病薬使用状況(2016年)、最も使用されていた薬剤は

日本における臨床ガイドラインとヘルスケアの実践とのギャップを明らかにするため、大阪医科大学附属病院のHata Takeo氏らは、抗精神病薬の使用状況について調査を行った。
統合失調症

ルラシドン(ラツーダ)の安全性は?体重やメタボへの影響はどの程度か

統合失調症患者は、メタボリックシンドローム(MetS)発症リスクが高い。このことは、心血管疾患の有病率や死亡率の増加と関連している。統合失調症治療に一般的に使用される抗精神病薬は、MetS発症リスクを増加させる可能性が示唆されている。米国・ワシントン大学のGreg W. Mattingly氏らは、抗精神病薬ルラシドンの継続使用またはリスペリドン(商品名:リスパダールほか)からの切り替え使用におけるルラシドン(ラツーダ)の安全性について評価を行った。また、陽性・陰性症状評価尺度(PANSS)に基づいたルラシドンの長期的な効果についても評価を行った。
統合失調症

統合失調症リスク、遺伝と子供の頃の環境の影響は

小児期における緑地環境との接点が、後の統合失調症発症リスクを低下させることは、これまでの研究で示唆されてきた。この関連に遺伝的要因は関係するのか、または2つのリスク因子が相加的に作用するのかは、よくわかっていない。デンマーク・オーフス大学のKristine Engemann氏らは、統合失調症発症に対する小児期の緑地環境と遺伝的要因との関連について調査を行った。
統合失調症

暑くなると統合失調症の入院リスクが増加、とくに注意が必要なのは

統合失調症は、主に若年者に影響し、大きな問題を引き起こす、不均一性の病因を伴う重度な精神疾患である。統合失調症患者の入院では、季節的なパターンが観察されることがあるが、これには気候パラメータの変化と社会人口統計学的特性との関連が考えられる。この研究では、統合失調症患者の入院と季節変動、気候パラメータ、他の潜在的な要因との関連を評価した研究のクリティカルレビューを実施した。
統合失調症

治療抵抗性統合失調症にルラシドン(商品名:ラツーダ)は期待できるのか

クロザピン(商品名:クロザリル)に加え、薬理学的にクロザピンに類似した他の非定型抗精神病薬(たとえばオランザピン[ジプレキサほか]、リスペリドン[リスパダールほか]、melperone)も、治療抵抗性統合失調症(TRS)に対する有効率は40%未満である。米国・ノースウェスタン大学のHerbert Y. Meltzer氏らは、TRS患者に対する非定型抗精神病薬ルラシドン(ラツーダ)の精神病理および認知機能への有用性を検討するため、6ヵ月間の試験期間中に2つの用量での比較を行った。
統合失調症

急性期統合失調症治療、アリピプラゾールとブレクスピプラゾールに違いはあるか

藤田医科大学の岸 太郎氏らは、急性期統合失調症に対するアリピプラゾール(商品名:エビリファイほか)とブレクスピプラゾール(レキサルティ)の有効性および安全性、忍容性を評価するため、ランダム化試験のシステマティックレビュー、ネットワークメタ解析を実施した。
統合失調症

統合失調症と自閉スペクトラム症、判別法を開発

統合失調症スペクトラム障害(SSD)と自閉スペクトラム症(ASD)との関係については長年議論されてきたが、いまだに解明には至っていない。京都大学の吉原 雄二郎氏らは、ASDとSSDの関係を定量化および視覚化するために、安静時機能結合MRIに基づき健常対照群(HC)から患者を判別する両方の分類手法を用いて調査を行った。
統合失調症

統合失調症では性機能障害リスクが高いのか?

多くの臨床研究において、統合失調症患者は性機能障害(SD)の発症リスクが高いと報告されているが、SDの有病率を算出した研究は十分ではない。中国・Taizhou Central HospitalのShankun Zhao氏らは、統合失調症患者におけるSDの関連を明らかにするため、メタ解析を実施した。
統合失調症

統合失調症治療の研究結果、薬物治療と心理療法の比較は妥当か

統合失調症に対する薬物療法と心理療法の2つの治療戦略の効果について意義のある比較が可能か確認するため、ドイツ・ミュンヘン工科大学のIrene Bighelli氏らが、患者および研究の特性を調査した。
タイトルとURLをコピーしました