統合失調症

統合失調症

新発見!統合失調症の新薬開発へつながるか

統合失調症発症の根底にあるメカニズムには、PPARαで調整される転写機構やシナプスの調整が関連していることが示唆された
統合失調症

統合失調症へのヨガトレーニング、その効果は?

統合失調症患者の補助療法として、ヨガトレーニングを組み込むことは有用であると考えられる。重要な点として、ヨガトレーニングは、すべての年齢の統合失調症患者の認知機能を改善する可能性があることが挙げられる
統合失調症

統合失調症治療で最も評価される薬剤は?主な症状別に日本の専門医が推奨したのは

精神科専門医を対象に、統合失調症の治療オプションに関する調査を行った
統合失調症

統合失調症治療薬、用量増加で注意すべき副作用は?

統合失調症患者に対する抗精神病薬の用量依存性の有無とその程度は、副作用の種類によって異なる
統合失調症

退院後の統合失調症、症状悪化に影響する要因は?

統合失調症患者の健康状態に影響を及ぼす患者および病院の要因を調査し、退院後30日間でどのような影響が認められるかを検討した
統合失調症

統合失調症と自殺リスク、自殺方法は性別により異なる

統合失調症患者は、一般集団と比較し、すべての方法による自殺率が高かった。統合失調症患者の自殺方法は、性別により異なることが示唆された。物質使用障害を合併した患者では、自殺方法別の標準化死亡比が高いため、とくに注意が必要である
統合失調症

長く続けられる抗精神病薬は

薬剤間での再発率の差は認められなかったが、剤形間では定着率の違いが認められた。精神医学では、コンプライアンスは依然として重要な問題であるため、LAI治療などさまざまな治療戦略を用いて、コンプライアンス向上を促進する必要がある
統合失調症

抗精神病薬の服用は、心臓突然死に影響するか

統合失調症患者の心臓突然死リスクに対する各抗精神病薬の影響が明らかとなった。臨床医は、抗精神病薬治療によるリスクとベネフィットを評価する際、患者の年齢を考慮する必要がある
統合失調症

統合失調症治療薬ルラシドン(ラツーダ)の長期的な有用性は?

長期間安定した統合失調症患者に対するルラシドン治療は、忍容性が高く、効果的であった。リスペリドンからルラシドンに切り替えた患者においても、6ヵ月間にわたり、忍容性、有効性が良好であった
統合失調症

抗精神病薬に抗うつ効果は期待できるのか

多くの第2世代抗精神病薬は、成人統合失調症患者の抑うつ症状改善に、小~中程度のエフェクトサイズを有することが示唆された
タイトルとURLをコピーしました