統合失調症

統合失調症

統合失調症の認知機能に影響するメタボリックシンドローム

 統合失調症では、認知機能障害とメタボリックシンドローム(MetS)などの心血管リスクとの関連が報告されている。認知機能障害や心血管リスク因子は、一般集団においても認知機能を低下させ、統合失調症の認知障害の一因となりうる。大日本住友製薬の...
統合失調症

急性興奮状態に対するミダゾラム(ドルミカム)の効果は

 香港大学のEsther W. Chan氏らは、救急での急性期興奮症状に対する最初の薬物療法として、オランザピン(商品名:ジプレキサほか)またはハロペリドール(セレネースほか)筋注製剤の安全性および有効性に関して、ミダゾラム(ドルミカムほ...
統合失調症

抗精神病薬誘発性高プロラクチン血症の治療法は?

 抗精神病薬誘発性高プロラクチン血症のマネジメントオプションおよび治療における有効性、忍容性、薬物相互作用、禁忌、投与計画などの考慮すべきポイントについて、米国・ミズーリ大学のMatthew M. Rusgis氏らが評価を行った。Amer...
統合失調症

統合失調症、どのようなコミュニケーション能力に影響が出るのか

 統合失調症の特徴の1つとして、他人の言語コミュニケーション意図を正しく推察することが非常に困難であることが挙げられる。いくつかの研究において、統合失調症患者の言語パフォーマンスを調査しているが、さまざまなコミュニケーションを理解する際の...
統合失調症

アリピプラゾール持続性注射剤、早期に開始したほうがメリットあり?

 統合失調症患者の認知機能に対するアリピプラゾール(商品名:エビリファイ)の有用性は、これまでの報告で明らかとなっているが、最近発症した統合失調症患者を対象とした報告はあまりなかった。認知機能障害には、統合失調症の病態生理に関与しているカ...
統合失調症

非情動性精神疾患に持続性注射剤抗精神病薬は有用か

 非情動性精神疾患の成人患者に対する長時間持続性注射剤(LAI)抗精神病薬による維持療法の再発予防および受容性について、イタリア・ベローナ大学のGiovanni Ostuzzi氏らは、検討を行った。The American Journal...
統合失調症

統合失調症治療、EPAやDHAで症状が軽減

 統合失調症の治療では、症状改善のために単剤療法だけでなく増強療法が一般的に行われる。近年、精神疾患患者に対するω3多価不飽和脂肪酸のベネフィットを示唆する報告が増加しているが、その役割については、統合失調症治療のコンセンサスが十分に得ら...
統合失調症

肥満や代謝異常は抗精神病薬の変更で改善するのか

 重症精神疾患患者では、肥満や代謝により臨床的な悪影響が懸念されるが、これを予防できる可能性がある。心血管代謝の負担を軽減するうえで、抗精神病薬の切り替えが有用かを、オーストラリア・クイーンズランド大学のDan Siskind氏らが検討を...
小児

統合失調症を発症する小児期の特徴

 統合失調症は、初期発達障害のフレームワークに適応することを示唆する科学的エビデンスが、疫学的研究や遺伝学的研究によって報告されているが、将来統合失調症を発症する子供の心理的行動の特徴は、十分に解明されていない。京都女子大学の濱﨑 由紀子...
統合失調症

ブレクスピプラゾール(レキサルティ)への切り替えは、どんなメリットがあるのか

 CNS薬理研究所の石郷岡 純氏らは、アリピプラゾール(表品名:エビリファイほか)または他の抗精神病薬(ドパミンD2受容体アンタゴニスト)からブレクスピプラゾール(レキサルティ)に切り替えた際の、長期的な安全性の評価を行った。Human ...
タイトルとURLをコピーしました