統合失調症

統合失調症

統合失調症の認知機能に影響するメタボリックシンドローム

統合失調症患者の全体的な認知機能に対するMetS、糖尿病、高血圧の有意な関連が認められた
統合失調症

急性興奮状態に対するミダゾラム(ドルミカム)の効果は

ミダゾラム筋注は、オランザピンやハロペリドールと比較し、急性期興奮症状を有する患者において、早期の鎮静作用が認められた
統合失調症

抗精神病薬誘発性高プロラクチン血症の治療法は?

抗精神病薬誘発性高プロラクチン血症のマネジメントにおいて、抗精神病薬の治療レジメンを変更できない患者でも利用可能な治療方法はいくつかある
統合失調症

統合失調症、どのようなコミュニケーション能力に影響が出るのか

統合失調症患者では、誠実さや皮肉よりも欺瞞を誤認する傾向が認められた
統合失調症

アリピプラゾール持続性注射剤、早期に開始したほうがメリットあり?

最近発症した統合失調症に対するアリピプラゾール持続性注射剤治療は、認知機能改善が期待できる
統合失調症

非情動性精神疾患に持続性注射剤抗精神病薬は有用か

アリピプラゾール、オランザピン、パリペリドン1および3ヵ月製剤のLAI抗精神病薬は、再発予防と受容性において、最高のエフェクトサイズとエビデンスの確実性を有していた
統合失調症

統合失調症治療、EPAやDHAで症状が軽減

統合失調症に対する潜在的な増強療法として、ω3多価不飽和脂肪酸の使用は、支持されるものであった
統合失調症

肥満や代謝異常は抗精神病薬の変更で改善するのか

アリピプラゾールのような体重増加リスクの低い抗精神病薬に切り替えることにより、体重プロファイルや心血管代謝を改善することが可能である
小児

統合失調症を発症する小児期の特徴

保護者の報告によると、統合失調症の発症を予測する小児期の心理的行動の特性に違いがあることが示唆された
統合失調症

ブレクスピプラゾール(レキサルティ)への切り替えは、どんなメリットがあるのか

ブレクスピプラゾールへの切り替えは、代謝異常、体重増加、高プロラクチン血症、錐体外路症状、QT延長、精神症状への長期的な影響が少ない治療方法である
タイトルとURLをコピーしました