統合失調症

統合失調症

統合失調症の早期治療開始は重要だが、その診断治療が遅れる要因とは?

未治療期間の長さは、家族の凝集性の低さや患者の誠実性の高さと関連していることが示唆された。精神症状が発現した際、患者のメンタルヘルスサービスへのアクセスに関して、家族が重要な役割を果たしているであろう
統合失調症

統合失調症の再発予防に、抗精神病薬を飲み続ける意義はどの程度あるのか?

統合失調症患者に対する抗精神病薬の維持療法は、約2年間のフォローアップ調査において、プラセボよりもはるかに高い再発予防効果が示唆された
統合失調症

AIで統合失調症を診断する時代が

統合失調症患者、自閉スペクトラム症患者、健常対照者から得たMRIの脳構造データを用いて機械学習を行い、鑑別診断のための機械学習器の開発を試みた
統合失調症

抗精神病薬治療2週間後に注意が必要な副作用

抗精神病薬治療2週間後に、インスリン抵抗性および脂質代謝異常が発生することが明らかとなった
統合失調症

統合失調症治療薬ルラシドン(ラツーダ)の日本国内臨床試験の解析結果

日本人の急性期統合失調症患者に対するルラシドン40mg/日および80mg/日での治療は、全体的な症状改善に寄与するが、ルラシドン80mg/日では、錐体外路症状のリスクに注意が必要である
統合失調症

統合失調症の認知機能低下、喫煙の影響も

喫煙している慢性期統合失調症患者は、とくにワーキングメモリや実行機能などの認知機能に重大な問題を抱えていることが示唆された
統合失調症

統合失調症でみられる肥満、関連する要因は?

国立精神・神経医療研究センターの秀瀬 真輔氏らは、統合失調症患者の肥満(BMI 30以上)と症状、向精神薬、全脳構造との関連について調査を行った。
統合失調症

統合失調症と自閉スペクトラム症、その特徴の違いは

治療抵抗性統合失調症(TRS)の複雑な病態生理には、重度の陽性症状だけでなく、ほかの症状領域も含まれている。また、統合失調症と自閉スペクトラム症(ASD)の重複する心理学的プロファイルは、明らかになっていない。千葉大学の仲田 祐介氏らは、統合失調症とASD患者における神経発達および認知機能に焦点を当て、比較検討を行った。
統合失調症

抗精神病薬の併用率が高い日本の統合失調症治療の現状

2015年に日本神経精神薬理学会より「統合失調症薬物治療ガイドライン」が発行された。そして、精神科医に対してガイドラインの教育の講習を行い、ガイドラインの効果を検証する研究を行う精神科医療の普及と教育に対するガイドラインの効果に関する研究(EGUIDE)プロジェクトが開始されている。本研究では、統合失調症治療のベースラインの状態を確認するため、EGUIDEプロジェクトのガイドライン講習開始前における治療薬処方の品質指標が報告された。
統合失調症

治療抵抗性統合失調症のためにより専門的な病院が必要

治療抵抗性統合失調症は、2次医療機関における疾患マネジメントが困難な場合が多い疾患の1つである。再入院や長期介護費用などのリスクを軽減するため、複雑な治療抵抗性精神疾患に対しエビデンスに基づき個別で、集学的な医療を提供する専門の3次医療機関として英国精神疾患ユニット(National Psychosis Unit:NPU)がある。英国・キングス・カレッジ・ロンドンのCecilia Casetta氏らは、NPUでの治療の長期的な有効性を自然主義的なアウトカムを検討することにより評価した。
タイトルとURLをコピーしました