その他

その他

新型コロナ、医療従事者のメンタルへの影響は多大

COVID-19のアウトブレイクによる医師の不安やストレス、抑うつレベルへの影響について、トルコ・Istanbul Medeniyet UniversitesiのRumeysa Yeni Elbay氏らが調査を行った。Psychiatry Research誌オンライン版2020年5月27日号の報告。
その他

アルコール依存症治療薬ナルメフェン(商品名:セリンクロ)臨床試験の結果は?

久里浜医療センターの樋口 進氏らは、アルコール依存症におけるWHOの飲酒レベルリスクが高いまたは非常に高い日本人患者に対するナルメフェン(商品名:セリンクロ)の安全性および有効性を評価した多施設ランダム化二重盲検プラセボ対照第III相(導入)試験完了後の患者を対象に、ナルメフェンの非盲検延長試験を実施し、長期の安全性および有効性を検討した。
その他

向精神薬の離脱症状、注意が必要な薬剤は?

向精神薬の減量、中止、切り替えに関する研究が進むにつれ、離脱症候群が明らかとなってきた。薬物クラスに基づく向精神薬の減量、中止、切り替え後の離脱症状に関する文献を分析した。
その他

メンソールはタバコへの依存を助長しているのか

タバコに含まれるメンソールが、喫煙への依存を増強させる可能性が示唆されてから、10年以上経過している。メンソールは、タバコ依存度を増加させるのかを判断するため、メンソール喫煙者と非メンソール喫煙者におけるタバコ依存について調査した研究の包括的レビューが報告された。
その他

【メタ解析】アルコール依存症に運動療法は有効か?

アルコール使用障害(AUD)患者に対する運動介入の影響について、トルコ・パムッカレ大学のFatih Gur氏らが、システマティックレビューおよびメタ解析を実施した。
その他

飲酒歴は日本人高齢者の認知機能にどのような影響を及ぼすのか?

大量の飲酒は、認知機能障害のリスク因子として知られているが、適度な飲酒においても同様の影響が認められるかどうかは、よくわかっていない。これまでの観察研究では、とくに高齢者において、中程度の飲酒による認知機能への潜在的なベネフィットが報告されているが、アジア人ではこの影響が実証されていなかった。滋賀医科大学のAli Tanweer Siddiquee氏らは、認知障害のない日本人高齢男性を対象に、飲酒レベルと認知機能との関連について調査を行った。Alcohol誌オンライン版2020年1月7日号の報告。
その他

アルコール使用障害のQOL評価尺度AQoLS日本語版、その精度は

Alcohol Quality of Life Scale(AQoLS)は、西洋において健康関連QOL(HR-QoL)に対するアルコール使用障害(AUD)の影響を評価する際に有用な尺度として用いられている。久里浜医療センターの樋口 進氏らは、AQoLS日本語版の心理測定特性について評価を行った。Quality of Life Research誌オンライン版2019年10月4日号の報告。
その他

アルコールスクリーニング尺度は良好に機能するか?

臨床医は、アルコールによる有害な影響を受けた若者における飲酒リスクを特定するための強力な理論的根拠を求めている。英国・ヨーク大学のPaul Toner氏らは、25歳未満の若者を対象としたアルコールスクリーニングと評価尺度に関する検証文献のエビデンスの質を評価するため、システマティック・レビューを行った。Drug and Alcohol Dependence誌2019年9月1日号の報告。
その他

フランス医学生の喫煙率、抗不安薬使用と関連か

医学生においても喫煙は一般的であり、将来のキャリアで禁煙を促進する能力に影響を及ぼす可能性がある。フランス・エクス=マルセイユ大学のA. Bourbon氏らは、フランス医学生における喫煙状況を調査し、心理社会的要因や向精神薬使用とニコチン依存の重症度や日々の喫煙行動との関連について検討を行った。Progress in Neuro-psychopharmacology & Biological Psychiatry誌2019年8月30日号の報告。
その他

どの程度のアルコールで心血管系に影響が出るのか

アルコール使用は、非感染性疾患の予防および修正可能な因子であり、飲酒量によっては心血管系に複雑な影響を及ぼす。英国・バーミンガム大学のEd Day氏らは、アルコール使用と心血管疾患との関連性について検討した。Addiction誌2019年9月号の報告。
タイトルとURLをコピーしました