不眠症・睡眠障害

うつ病

うつ病の再発、不眠症状が残っていると高リスク

残存している不眠症は、日本人うつ病患者の再発リスク因子であると考えられる
不眠症・睡眠障害

スマホ依存(ノモフォビア)が不眠と関連

ノモフォビアは若年成人、とくに女性において頻度が高かった。ノモフォビアは、不眠症状との関連が認められたが、食物依存症との関連は認められなかった
不眠症・睡眠障害

不眠症は早期治療を、長引くと仕事への影響が大きい

不眠症治療のために睡眠薬を服用しているまたは服用していた就労者は、日中の機能障害リスクが高い可能性がある。不眠症が長引く場合には、睡眠薬のリスクとベネフィットを注意深く評価する必要がある
不眠症・睡眠障害

ベンゾジアゼピ依存症の可能性、若年者や多剤併用の不眠症患者はとくに注意

とくに若年患者や複数の睡眠薬を投与された患者では、ベンゾジアゼピ依存症の可能性を考慮する必要性が示唆された
PTSD

新型コロナでメンタルが不調に、約4人に1人は不眠症

COVID-19による短期的なメンタルヘルスへの影響は、影響を受けた地域および性別において同様に大きいことが示唆された
不眠症・睡眠障害

米国で承認された不眠症に対する処方デジタル治療「Somryst」

不眠症に対する認知行動療法(CBT-I)は、慢性不眠症のガイドラインで推奨される第1選択治療であるが、CBT-Iのセラピストには限りがあり、より多くの患者へCBT-Iを提供するニーズにSomrystは合致する
うつ病

睡眠時間はうつ病リスクと関連するか?

睡眠時間の短さは、身体的および精神的QOLの低下との関連が認められた。また、うつ病に及ぼす影響は、睡眠時間の短さよりも、特定の睡眠障害と関連している可能性が示唆された
うつ病

メンタルヘルスへの新型コロナウイルス感染症の悪影響

COVID-19流行下の仕事再開期には、メンタルヘルス問題の発生率が通常時よりも増加していた。現行の心理的介入は不十分であり、早期に有効な心理的介入を実施すべきである
不眠症・睡眠障害

より良い健康と仕事のために従業員への不眠症対策は重要

職場における不眠症への介入は、従業員の健康を改善するのに効果的である。仕事面では、生産性向上、プレゼンティズムの改善、燃え尽き症候群の対策につながるであろう
不眠症・睡眠障害

長時間労働は睡眠に悪影響、教師の40%以上は不眠症

日本の公立学校教師には、不眠症が蔓延している。教師の不眠症を予防するためには、仕事に費やす時間の減少が重要であることが示唆された
タイトルとURLをコピーしました