不眠症・睡眠障害

うつ病

睡眠時間はうつ病リスクと関連するか?

睡眠時間の短さは、身体的および精神的QOLの低下との関連が認められた。また、うつ病に及ぼす影響は、睡眠時間の短さよりも、特定の睡眠障害と関連している可能性が示唆された
うつ病

メンタルヘルスへの新型コロナウイルス感染症の悪影響

COVID-19流行下の仕事再開期には、メンタルヘルス問題の発生率が通常時よりも増加していた。現行の心理的介入は不十分であり、早期に有効な心理的介入を実施すべきである
不眠症・睡眠障害

より良い健康と仕事のために従業員への不眠症対策は重要

職場における不眠症への介入は、従業員の健康を改善するのに効果的である。仕事面では、生産性向上、プレゼンティズムの改善、燃え尽き症候群の対策につながるであろう
不眠症・睡眠障害

長時間労働は睡眠に悪影響、教師の40%以上は不眠症

日本の公立学校教師には、不眠症が蔓延している。教師の不眠症を予防するためには、仕事に費やす時間の減少が重要であることが示唆された
不眠症・睡眠障害

睡眠に問題があると禁煙するのは難しい

不眠症状や日中の過度な眠気は、禁煙にマイナスに働くと考えられる。また、喫煙は、入眠障害のリスク因子であることが示唆された。睡眠障害の治療には、禁煙プログラムの導入を検討すべきである
不眠症・睡眠障害

不眠症治療薬の比較、エスゾピクロン(ルネスタ)が一歩リードか

不眠症に対する薬理学的介入は一般的に行われているが、各薬剤の効果の比較に関しては十分に行われていない。本研究では、不眠症に対する薬物療法の有効性を、モデリングによって定量的に比較した。
不眠症・睡眠障害

不眠症治療薬レンボレキサント(デエビゴ)はどの程度有用か

新規デュアルオレキシン受容体拮抗薬レンボレキサント(商品名:デエビゴ)の成人不眠症患者に対する長期の有効性および安全性を評価するため、フィンランド・オウル大学のMikko Karppa氏らは第III相ランダム化臨床試験を行い、その結果を報告した。
不眠症・睡眠障害

子供の頃の睡眠関連問題がその後の精神疾患発症と関連

小児期の悪夢は、思春期の精神疾患および境界性パーソナリティ障害(BPD)とプロスペクティブに関連している。しかし、この関連が睡眠行動問題にも当てはまるかは不明であり、潜在的なメカニズムもよくわかっていない。英国・バーミンガム大学のIsabel Morales-Munoz氏らは、親から報告された幼児期の睡眠関連問題と11~13歳時の精神疾患およびBPD症状、10歳時のうつ症状に関連する潜在的な影響について調査を行った。
不眠症・睡眠障害

レンボレキサント(デエビゴ)とスボレキサント(ベルソムラ)、2つの不眠症治療薬はどちらが有用か

2つの不眠症治療薬レンボレキサント(商品名:デエビゴ)とスボレキサント(ベルソムラ)の有効性および安全性について、変量効果モデルのネットワークメタ解析により、比較検討が行われた。
ADHD

成人ADHD、不眠やアルコール摂取との関連は

薬物使用障害や不眠症は、成人の注意欠如多動症(ADHD)患者でよくみられる。ノルウェー・ベルゲン大学のAstri J. Lundervold氏らは、不眠症やアルコール摂取とADHD症状との関係を調査した。
タイトルとURLをコピーしました