不眠症・睡眠障害

不眠症・睡眠障害

睡眠に問題があると禁煙するのは難しい

不眠症状や日中の過度な眠気は、禁煙にマイナスに働くと考えられる。また、喫煙は、入眠障害のリスク因子であることが示唆された。睡眠障害の治療には、禁煙プログラムの導入を検討すべきである
不眠症・睡眠障害

不眠症治療薬の比較、エスゾピクロン(ルネスタ)が一歩リードか

不眠症に対する薬理学的介入は一般的に行われているが、各薬剤の効果の比較に関しては十分に行われていない。本研究では、不眠症に対する薬物療法の有効性を、モデリングによって定量的に比較した。
不眠症・睡眠障害

不眠症治療薬レンボレキサント(デエビゴ)はどの程度有用か

新規デュアルオレキシン受容体拮抗薬レンボレキサント(商品名:デエビゴ)の成人不眠症患者に対する長期の有効性および安全性を評価するため、フィンランド・オウル大学のMikko Karppa氏らは第III相ランダム化臨床試験を行い、その結果を報告した。
不眠症・睡眠障害

子供の頃の睡眠関連問題がその後の精神疾患発症と関連

小児期の悪夢は、思春期の精神疾患および境界性パーソナリティ障害(BPD)とプロスペクティブに関連している。しかし、この関連が睡眠行動問題にも当てはまるかは不明であり、潜在的なメカニズムもよくわかっていない。英国・バーミンガム大学のIsabel Morales-Munoz氏らは、親から報告された幼児期の睡眠関連問題と11~13歳時の精神疾患およびBPD症状、10歳時のうつ症状に関連する潜在的な影響について調査を行った。
不眠症・睡眠障害

レンボレキサント(デエビゴ)とスボレキサント(ベルソムラ)、2つの不眠症治療薬はどちらが有用か

2つの不眠症治療薬レンボレキサント(商品名:デエビゴ)とスボレキサント(ベルソムラ)の有効性および安全性について、変量効果モデルのネットワークメタ解析により、比較検討が行われた。
ADHD

成人ADHD、不眠やアルコール摂取との関連は

薬物使用障害や不眠症は、成人の注意欠如多動症(ADHD)患者でよくみられる。ノルウェー・ベルゲン大学のAstri J. Lundervold氏らは、不眠症やアルコール摂取とADHD症状との関係を調査した。
不眠症・睡眠障害

女性のほうが不眠症が多い、QOLへの影響は

睡眠は健康やウェルビーイング(身体的、精神的、社会的に良好な状態)にとって不可欠であり、睡眠不足は深刻な生理学的問題を引き起こす可能性がある。ブラジル・サンパウロ連邦大学のLeandro Lucena氏らは、睡眠パターンを評価し、QOLに対する不眠症の影響について調査を行った。
うつ病

チームスポーツは大学生の睡眠の質やうつに好影響

大学生のうつ病、不安、ストレス、睡眠の質の低下に対するチームスポーツの効果について、米国・ミシガン大学のSara Ann Johnston氏らが、検討を行った。
不眠症・睡眠障害

統合失調症でみられる睡眠障害は?

統合失調症では、睡眠障害や概日リズム障害が一般的に認められるが、その特徴はよくわかっていない。英国・キングス・カレッジ・ロンドンのNicholas Meyer氏らは、寛解期統合失調症患者における睡眠概日変化の重症度や不均一性について比較検討を行った。また、これらのエピソードについて双極性障害患者との比較を行った。Schizophrenia Bulletin誌オンライン版2020年3月10日号の報告。
不眠症・睡眠障害

不眠は交通事故にどの程度影響するか

不眠症や睡眠薬使用に関連する交通事故のリスクおよび、これらのリスク因子が性別や年齢によってどのような影響を受けるか、カナダ・ラヴァル大学のCharles M. Morin氏らが調査と検討を行った。Sleep誌オンライン版2020年2月29日号の報告。
タイトルとURLをコピーしました