うつ病

うつ病

出産に関連するうつ病予防、出産前の介入で一定の効果

出産前後のうつ病は、有病率が高く、深刻な影響を及ぼすため、その予防は重要である。これまでのシステマティックレビューおよびメタ解析では、周産期うつ病リスクを有する女性に対する心理学的介入の有効性が示唆されている。しかし、出産前の一般的な予防に焦点を当てた研究は、あまりなかった。東京大学の安間 尚徳氏らは、周産期うつ病に対する出産前の心理学的介入の影響(とくに一般的な予防に焦点を当て)を明らかにするため、システマティックレビューおよびメタ解析を実施した。
うつ病

小児期の肥満には注意、うつ病リスク高める

肥満や過体重の小児や青年では、臨床的なうつ病(うつ病、気分変調性症、特定不能のうつ病など)が頻繁に認められる。この研究では、過体重や肥満の小児における臨床的なうつ病の有病率についてシステマティックレビューおよびメタ解析が実施された。
うつ病

うつ病から他の精神疾患へ移行する割合は10%以上

うつ病から双極性障害、統合失調症、統合失調感情障害への診断転換について、その時間的パターンと予測因子を調査するため、フィンランド・ヘルシンキ大学のIlya Baryshnikov氏らは、レジスターベースのコホート研究を実施した。
うつ病

うつ病リスクに尿酸値が関係

可溶性尿酸塩は、とくに中枢神経系における抗酸化作用として機能することが示唆されている。血清尿酸値が低いと神経変性疾患のアウトカム不良につながることを示唆するデータも存在するが、メンタルヘルスに対する影響は十分に評価されていない。韓国・中央大学校のWoo-Joong Kim氏らは、大規模サンプルを用いて、血清尿酸値とうつ病との関連について調査を行った。
うつ病

産後うつ病の予防にバランスの取れた食生活が大切

一般集団において、食事パターンがうつ病や抑うつ症状の発症に影響を及ぼすことが、観察研究によるエビデンスで示唆されている。しかし、出産後の女性における食事と産後うつ病(PPD)との関係を検討した研究はほとんどない。オーストラリア・ディーキン大学のRachelle S. Opie氏らは、出産後の女性の食事とPPD症状との関連を調査するため、既存の公表済みの研究よりデータを統合し検討を行った
うつ病

貧血がうつ病リスク増加と関連

成人のうつ病と貧血との関連を調査するため、いくつかの観察研究が行われているものの、一貫した結果が得られていない。そこで、うつ病と貧血との関係を明らかにするため、システマティックレビューおよびメタ解析が実施された。
うつ病

うつ病から双極性障害へ転換する5つの予測因子

うつ病と双極性障害は、どちらも主要な気分障害であるが、治療戦略や予後が異なる。双極性障害患者では、初期でみられるうつ症状によりうつ病と診断されうることが、その後の治療結果に影響を及ぼす可能性がある。これまでの研究では、うつ病と診断された患者のうち、時間経過とともに双極性障害を発症する患者が少なくないと示唆されている。このような双極性障害は、治療抵抗性うつ病の一因となる可能性がある。台湾・国立中正大学のYa-Han Hu氏らは、人口ベースのコホート研究を実施し、10年間のフォローアップ期間中にうつ病から双極性障害へ診断が変更された患者の割合およびその危険因子について調査を行った。さらに、うつ病から双極性障害へ転換するリスク層別化モデルの開発を試みた。
ADHD

ADHDは将来のうつ病リスクに影響するのか?

注意欠如多動症(ADHD)は、将来のうつ病との関連が示唆されており、両疾患の間には遺伝的関連があるといわれている。英国・カーディフ大学のLucy Riglin氏らは、ADHDやADHDの遺伝的罹病性がうつ病と関連するかについて、2つの異なる方法を用いて調査を行った
うつ病

高齢者の難聴、うつ病リスクを高める可能性

高齢者における難聴とうつ病との関連を報告した研究では、結果に矛盾がみられている。このことから、西オーストラリア大学のBlake J. Lawrence氏らは、関連エビデンスのシステマティックレビューおよびメタ解析を実施した。
うつ病

ボルチオキセチン(商品名:トリンテリックス)併用は治療抵抗性うつ病に有用

うつ病の治療において、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は基本となる。しかし、SSRIでは治療反応が得られないこともあり、多くの場合、併用戦略が必要となる。イタリア・University "G. D'Annunzio" ChietiのDomenico De Berardis氏らは、SSRI治療抵抗性うつ病患者に対する併用療法としてのボルチオキセチン(商品名:トリンテリックス)の有効性を評価した。
タイトルとURLをコピーしました