うつ病

うつ病

うつ病の再発に睡眠薬の処方パターンは影響しているのか

日本人うつ病患者に対する睡眠薬の使用は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬が最も多く、併用療法が行われることも少なくない。うつ病の再発に対する睡眠薬処方パターンの影響は認められなかったが・・・
うつ病

テレビゲームによるうつ病予防の可能性を検証

効果的なうつ病予防戦略としてテレビゲームJourney(風ノ旅ビト)の有用性は示されなかったが、拒否感、希望、楽観性、沈思黙考、気晴らし、問題解決が、今後のうつ病予防のターゲットとなりうる可能性が示唆された
うつ病

うつ病に怒りや攻撃性が加わると双極性障害へ移行

怒りは、単極性うつ病から双極性障害への転換を予測するリスク因子である。双極性障害への転換が認められた患者は、怒り、興奮、過敏性がより多く出現することが示唆された
うつ病

インターネットベースのうつ病認知行動療法はどの程度有用なのか

うつ病に対するガイド付きインターネットベース認知行動療法は有効性が高く、中等度~重度のうつ病患者では、その差はより顕著であった
うつ病

双極性障害とうつ病の鑑別に感情調節の違いがポイントか

寛解期双極性障害患者およびうつ病患者は、感情的な情報を処理および調整するうえで、異なる脳領域と関与していることが示唆された
うつ病

日本でのマタニティハラスメントによるうつ病、テレワークの影響は?

就業していた妊婦の約4分の1は、マタニティハラスメントを経験しており、経験しなかった女性よりもうつ病の有病率が高かった。テレワークを通じて、オフィスから物理的に離れたとしても、マタニティハラスメントによるうつ病への影響は減少しなかった
うつ病

うつ病リスクを回避するため新型コロナとどう向き合うべきか

日本ではロックダウンは行われなかったが、COVID-19パンデミックに伴う長期的な心理的苦痛によって、抑うつ症状の有症率は、パンデミック前の2~9倍に増加した
うつ病

うつ病の薬物療法、追加した薬剤は継続すべきか、中止すべきか

うつ病に対する増強療法で使用された薬剤は、中止される可能性が高いことが示唆された。しかし、増強療法で維持されている寛解患者では、当てはまらない可能性がある
うつ病

新型コロナウイルスでうつ症状や孤独感が上昇、とくに若い女性は注意が必要

米国におけるCOVID-19パンデミックの初期において、うつ症状や孤独感の上昇が認められた。リモートではなく、対面による社会的および性的つながりを維持した人では、メンタルヘルスのより良い結果が得られた。
うつ病

双極性障害やうつ病、寛解後も認知機能に影響が残る

つ病患者では、処理速度のみが明らかな問題であると思われる点と比較し、BD患者では、非寛解状態で全体的かつより重度の認知機能障害が出現している。双極性障害、うつ病患者ともに、寛解期であっても認知機能低下が認められるようである
タイトルとURLをコピーしました