うつ病

ADHD

妊娠中の抗うつ薬使用と子供の発達障害リスク

妊娠中のSSRI、SNRI使用と子供のASD、ADHDリスクとの関連が認められたが、この関連は妊娠前の使用でもみられており、考慮されていない交絡因子が影響している可能性がある
うつ病

プロバイオティクス(腸内細菌叢)によるうつ病治療、可能性は?

本研究では、治療歴のない中等度のうつ病患者に対するプロバイオティクスの有効性および忍容性が示唆されが、さらに包括的な研究を通じて、結論を導き出す必要がある
うつ病

産後うつ病予防に魚の摂取は有効か

妊娠中にω3PUFAの食物摂取が少ないと、EPAの低下につながり、産後うつ病リスクが高まる傾向にあった
うつ病

SSRIによるうつ病治療の効果、男女間で違いはあるのか?

SSRI治療後に女性は男性よりも抑うつ症状の改善が大きいか、忍容性の違いや閉経状態の影響は?
うつ病

うつ病からの職場復帰、作業療法の有用性は

うつ病に対する作業療法のエビデンスは限られているものの、作業療法が職場復帰の介入として有効であることを示す強力なエビデンスが見つかった。このことは、メンタルヘルスと休職コストとの関連を考慮すると非常に重要なポイントである
うつ病

うつ病の再発予防に心理療法は本当に有用なのか

抗うつ薬治療または心理療法後の単独での心理療法は効果的であり、再発予防において抗うつ薬治療と同様に有用である
うつ病

産後うつ病と妊娠中の体重増加は関連しているのか

妊娠前のBMIが20.0~23.0の女性では、妊娠中の不十分な体重増加が産後うつ病のリスク因子であるため、早期に発見するためにも、妊娠中の体重をモニタリングすることが推奨される
うつ病

うつ病治療アプリを実用化するために

うつ病治療アプリにユーザーが期待する重要なポイントとして、簡単かつ直感的な使い方とパーソナライズされたコンテンツが挙げられる。うつ病治療においては、うつ病に関する情報提供、自己モニタリング機能、緊急時の支援を可能とするアプリが求められている
うつ病

注意が必要な妊婦のうつ病、中等度~重度で出産時の問題が高リスクに

中等度~重度のうつ病を有する妊婦は、妊娠高血圧腎症、帝王切開、会陰切開などのリスクが高かった
うつ病

うつ病の再発、不眠症状が残っていると高リスク

残存している不眠症は、日本人うつ病患者の再発リスク因子であると考えられる
タイトルとURLをコピーしました