認知症

認知症

若年性認知症、日本にはどのくらいいるのか?

日本における推定若年性認知症の有病率は、人口10万人当たり50.9人であり、アルツハイマー型認知症が半数以上を占めた
認知症

認知症診療、レビー小体型とパーキンソン型の鑑別ポイント

レビー小体型認知症とパーキンソン病認知症は、臨床的および神経病理学的な特徴が重複している疾患であり、神経病理にはともに、レビー小体型認知症とアルツハイマー型認知症の病理学的特徴が含まれている。また、脳アミロイド血管症はアルツハイマー型認知症でよくみられる所見であり、認知症との関連が知られている。
認知症

レビー小体型認知症の初期症状、男女での違いも明らかに

レビー小体型認知症(DLB)は、さまざまな初期症状がみられるが、多くのDLBの症例に焦点を当てた報告は、これまでほとんどなかった。北海道・砂川市立病院の内海 久美子氏らは、診断時にDLBおよびDLB関連症状が認められた患者234例を対象に、初期症状をレトロスペクティブに評価し、症状プロファイルの性差について検討を行った。
認知症

認知症リスク、女性の方が高い理由

85歳以上の女性は、同年齢の男性よりも認知症の発症リスクが高い。これには、内因性エストロゲンの影響が示唆されている。スウェーデン・ヨーテボリ大学のJenna Najar氏らは、内因性エストロゲンが認知症リスクに及ぼす影響を調査するため、縦断的研究を行った。
認知症

日本人の認知症生涯リスクは55%、女性は男性の約1.5倍

日本のコミュニティ在住の高齢者における認知症の累積発症率とそのサブタイプを推定するため、九州大学の吉田 大悟氏らが検討を行った。
認知症

双子の認知症リスクは?異性・同性で差があるか

認知症発症の根底には、性差によるホルモンの影響が関与している可能性がある。米国・南カリフォルニア大学のJing Luo氏らは、同性および異性の二卵性双生児における認知症発症率を比較し、推定される出生前のホルモン環境が認知症リスクと関連しているかを検討した。
認知症

認知症患者への抗精神病薬投与、ベンゾジアゼピン併用で死亡リスク上昇

認知症患者に対する抗精神病薬投与は、死亡率を増加させるといわれている。しかし、多くの患者において、他の向精神薬との併用療法がおこなわれている。抗精神病薬治療を開始した認知症患者の死亡リスクに対するベンゾジアゼピンおよび抗うつ薬の影響が調査された。
認知症

日本での認知症による行方不明対策に有効な方法は?

認知症患者の増加に伴い、認知症に関連する行方不明やその後の死亡が深刻な問題となっている。しかし、認知症関連の行方不明発生率、その後の死亡率、リスク因子についてはよくわかっていない。国立循環器病研究センター研究所の村田 峻輔氏らは、日本の都道府県別に集計されたデータを用いて、生態学的研究を行った。
認知症

認知症を予防するために、改善すべきライフスタイル

高齢者の認知症発症に対する修正可能なリスク因子について、中国・蘇州大学のJing-Hong Liang氏らが、システマティックレビューおよびベイジアン・ネットワークメタ解析を実施した。
認知症

脳の低酸素状態を改善する高気圧酸素療法、認知症治療への可能性

低酸素症などの環境的要因がアルツハイマー病(AD)の発症に影響を及ぼす可能性が報告されている。体内組織の酸素供給や脳の低酸素状態を改善する高気圧酸素療法は、ADおよび健忘型軽度認知障害(aMCI)の代替療法となりうる可能性がある。中国・大連医科大学のJianwen Chen氏らは、ADおよびaMCIに対する高気圧酸素療法の潜在的な治療効果について調査を行った。
タイトルとURLをコピーしました