境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の症状緩和に、睡眠マネジメントが重要

 睡眠障害と境界性パーソナリティ障害(BPD)は、それぞれの疾患を併発することが少なくない。チェコ・パラツキー大学のJakub Vanek氏らは、BPD患者における睡眠障害関連の知識、睡眠マネジメント、研究の今後の方向性を明らかにするため...
境界性パーソナリティ障害

妊娠出産に伴うメンタルヘルス、ハイリスクな境界性パーソナリティ障害

 周産期リエゾン精神科サービスに紹介された妊婦における境界性パーソナリティ障害(BPD)の有病率や特徴について、オーストラリア・Child and Adolescent Mental Health ServicesのKatharina N...
境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の自殺リスク因子、注意すべき特徴は

 境界性パーソナリティ障害(BPD)は、自殺企図などの自殺行動の強力なリスクである。自殺行動リスクに影響を及ぼす因子を明らかにすることは、適切な自殺予防介入を考えるうえで重要であろう。米国・ハーバード大学医学大学院のShirley Yen...
境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の再入院リスクに、抗精神病薬高用量使用が影響

 国立精神・神経医療研究センターの山田 悠至氏らは、境界性パーソナリティ障害の入院患者における再入院に関連する予測因子を特定するため、検討を行った。Neuropsychopharmacology Reports誌オンライン版2020年10...
境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害女性が抱える自分の体に対するネガティブな評価

 自分の体を評価するうえで、精神状態は大きく影響する。精神疾患を有する女性患者の身体評価は、健康な女性と比較し、ネガティブに表れる。とくに、境界性パーソナリティ障害(BPD)を含む児童性的虐待(CSA)に関連する問題によって、ネガティブな...
ADHD

小児ADHD+トラウマ体験=成人期境界性パーソナリティ障害リスク

近年の研究において、小児期の注意欠如多動症(ADHD)から成人期の境界性パーソナリティ障害(BPD)への移行が示唆されている。一般的な遺伝的影響が知られているが、生涯を通じてある疾患から別の疾患へ移行する可能性に対する環境要因の影響に関す...
境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の薬物治療は、どのように変化してきているのか

ドイツ・ゲッティンゲン大学のCharles Timaus氏らは、2008~12年の境界性パーソナリティ障害入院患者に対する薬理学的治療戦略を評価し、1996~2004年の薬物療法との比較を行った。BMC Psychiatry誌2019年12...
境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害、日常臨床ではどのような薬物治療が行われているか

境界性パーソナリティ障害(BPD)は、生命を脅かす精神障害である。BPD患者に対する薬理学的治療に関するガイドラインの推奨事項は、非常に広範囲に及ぶ。オーストリア・Psychosomatische Zentrum Waldviertel-K...
境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害治療に集団精神療法が有効

境界性パーソナリティ障害(BPD)治療ガイドラインでは、必須とはいかないまでも、患者ケアの重要な要素として精神療法を推奨している。米国・Rawson-Neal Psychiatric HospitalのStephanie P. B. McL...
双極性障害

境界性パーソナリティ障害の合併、入院・自殺リスクへの影響

双極性障害患者における精神科入院や自殺リスク増加を含むQOLや疾患アウトカムには、境界性パーソナリティ障害(BPD)の合併が影響を及ぼすといわれている。米国・Griffin Memorial HospitalのRikinkumar S. P...
タイトルとURLをコピーしました