双極性障害

うつ病

うつ病に怒りや攻撃性が加わると双極性障害へ移行

怒りは、単極性うつ病から双極性障害への転換を予測するリスク因子である。双極性障害への転換が認められた患者は、怒り、興奮、過敏性がより多く出現することが示唆された
うつ病

双極性障害とうつ病の鑑別に感情調節の違いがポイントか

寛解期双極性障害患者およびうつ病患者は、感情的な情報を処理および調整するうえで、異なる脳領域と関与していることが示唆された
双極性障害

双極性障害でみられる強迫症状の治療、アリピプラゾール併用が有効

リチウムまたはバルプロ酸へのアリピプラゾール増強療法は、実臨床における寛解期双極性障害患者の強迫症状軽減に有用であることが示唆された
うつ病

双極性障害やうつ病、寛解後も認知機能に影響が残る

つ病患者では、処理速度のみが明らかな問題であると思われる点と比較し、BD患者では、非寛解状態で全体的かつより重度の認知機能障害が出現している。双極性障害、うつ病患者ともに、寛解期であっても認知機能低下が認められるようである
双極性障害

双極性うつ病、ルラシドン(ラツーダ)の長期有効性、安全性は

双極性うつ病患者に対するルラシドン(20~120mg/日)の長期治療では、新たな安全性の懸念が認められることなく、忍容性の高さと、うつ症状の継続的な改善が認められた
双極性障害

双極性障害の肥満、寝室の明るさが影響

双極性障害患者における寝室の夜間光曝露と肥満との間に有意な関連が観察された
双極性障害

双極性障害患者の摂食障害、どのような傾向があるのか?

双極性障害と摂食障害との合併は、いずれかの疾患からの方向性と関連するよりも、診断サブタイプにより異なると考えられる
双極性障害

双極性障害の薬物治療、各症状に対する有効な組み合わせは

維持期の双極性障害患者に対する薬物療法において、どの抗精神病薬および/または気分安定薬が優れているかが調査された
双極性障害

統合失調症と双極性障害の鑑別診断に役立つポイントは

初回エピソード精神病コホートにおいて12ヵ月のフォローアップ時に双極性障害診断と関連が認められた因子は、より良好な心理社会的機能、陰性症状の少なさ、より良好な認知的柔軟性であった
双極性障害

双極性障害の脳白質変化、その特徴は?

双極性障害の脳白質異常は、年齢とともに進行するわけではなく、若年層で発生する可能性があることが示唆された
タイトルとURLをコピーしました