双極性障害

双極性障害

統合失調症と双極性障害の鑑別診断に役立つポイントは

初回エピソード精神病コホートにおいて12ヵ月のフォローアップ時に双極性障害診断と関連が認められた因子は、より良好な心理社会的機能、陰性症状の少なさ、より良好な認知的柔軟性であった
双極性障害

双極性障害の脳白質変化、その特徴は?

双極性障害の脳白質異常は、年齢とともに進行するわけではなく、若年層で発生する可能性があることが示唆された
双極性障害

自殺リスクの高い双極性障害、適切なフォローアップが重要

双極性障害患者のケアを行ううえで、自殺は重要な臨床的課題である。双極性障害患者の自殺リスクと保護因子を理解し、適切なフォローアップを行うことで、自殺リスクの抑制につながると考えられる
双極性障害

双極性障害治療、向精神薬の多剤併用に影響している要因は?

双極性障害に対する向精神薬の多剤併用は、医師に関連する因子よりも、患者に関連する因子のほうが、影響力が大きいことが示唆された
双極性障害

双極性障害治療、ブライトライト光療法の可能性

ブライトライト光療法は、双極性うつ病患者のうつ症状を軽減するうえで、効果的な治療法である
双極性障害

双極性障害の脳の異常が持続的注意力低下と関連

双極性障害患者の脳梁における白質線維の整合性の有意な低下は、うつ病患者と比較し、持続的注意力低下との関連が認められた
双極性障害

双極性障害の薬物治療、症状安定後は中止すべきか、継続すべきか

症状が安定した双極性障害患者に対する薬物療法の継続は、最大24ヵ月間の再発を抑制することが示唆された。1ヵ月以上の薬物治療の中止は、再発リスクを有意に上昇させた。しかし、6ヵ月間薬物療法を中止した患者のうち47.3%は再発しなかった
双極性障害

ラピッドサイクラー双極性障害の特徴

ラピッドサイクラーと1年後の寛解状態は、相反する特性を有するが、パラメータの詳細に特色が認められた。これら相反する臨床的特徴の背景や特性を理解することは、双極性障害の進行を予測するうえで役立つであろう
双極性障害

双極性うつ病の抗精神病薬治療、ルラシドン、オランザピン、クエチアピンで違いはどの程度?

双極性うつ病に対する第2世代抗精神病薬による治療の有効性は、3剤ともに同程度であるものの、安全性プロファイルに違いがあることが示唆された
双極性障害

双極性障害の症状発現にカフェイン摂取量が影響している可能性あり

双極性障害患者におけるカフェイン摂取量の急激な増加が躁症状に先行して発現したり、進行中の躁症状の再発や前駆症状の結果として、カフェインの摂取量が増加する可能性もある
タイトルとURLをコピーしました