自閉スペクトラム症

ADHD

精神疾患の併発率の高いADHDや自閉スペクトラム症

ADHDやASDの有無にかかわらず、これらの疾患が疑われるすべての患者に対して徹底的な臨床評価を行う必要性が示唆された
統合失調症

AIで統合失調症を診断する時代が

統合失調症患者、自閉スペクトラム症患者、健常対照者から得たMRIの脳構造データを用いて機械学習を行い、鑑別診断のための機械学習器の開発を試みた
統合失調症

統合失調症と自閉スペクトラム症、その特徴の違いは

治療抵抗性統合失調症(TRS)の複雑な病態生理には、重度の陽性症状だけでなく、ほかの症状領域も含まれている。また、統合失調症と自閉スペクトラム症(ASD)の重複する心理学的プロファイルは、明らかになっていない。千葉大学の仲田 祐介氏らは、統合失調症とASD患者における神経発達および認知機能に焦点を当て、比較検討を行った。
統合失調症

類似症状の多い自閉症と統合失調症、鑑別のポイントは

自閉スペクトラム症(ASD)と統合失調症(SZ)は、類似症状を呈する異種性の神経発達障害である。米国・イェール大学のDominic A. Trevisan氏らは、ASDとSZの重複および鑑別する症状の特定を試みた。
自閉スペクトラム症

自閉スペクトラム症にリスペリドン(リスパダール)は有効か?

自閉スペクトラム症(ASD)に対するリスペリドン(商品名:リスパダールほか)の効果を調査した研究はいくつかあるが、これらの研究結果は、矛盾しており、決定的ではない。この研究では、ASDに対するリスペリドンの効果について異常行動チェックリスト(ABC)を用いて評価し、さらに体重増加やウエスト周囲径への影響を調査した。
自閉スペクトラム症

ブロッコリーに含まれるスルフォラファン、自閉スペクトラム症の易刺激性や多動性に有効

自閉スペクトラム症(ASD)に関連する易刺激性は、自宅や医療現場でのASD患者のマネジメントに影響を及ぼす。ASD児の易刺激性改善に対するリスペリドン(商品名:リスパダールほか)とスルフォラファン(ブロッコリーの含有成分の1つ)補助療法の有効性を評価するため、ランダム化二重盲検プラセボ対照臨床試験が実施された。
統合失調症

統合失調症と自閉スペクトラム症、判別法を開発

統合失調症スペクトラム障害(SSD)と自閉スペクトラム症(ASD)との関係については長年議論されてきたが、いまだに解明には至っていない。京都大学の吉原 雄二郎氏らは、ASDとSSDの関係を定量化および視覚化するために、安静時機能結合MRIに基づき健常対照群(HC)から患者を判別する両方の分類手法を用いて調査を行った。
小児

小児自閉スペクトラム症にメマンチンは有効か?

小児自閉スペクトラム症に対するメマンチン徐放性製剤(ER)治療の有効性と長期安全性を評価するため、米国・スタンフォード大学のAntonio Y. Hardan氏らは、3つの第2相試験(MEM-MD-91、MEM-MD-68、MEM-MD-69)を実施した。Autism誌オンライン版2019年4月26日号の報告。
小児

インターネット依存症に注意が必要な発達障害児の特徴

いくつかの研究報告によると、自閉スペクトラム症(ASD)患者では、インターネット依存(internet addiction:IA)がより多く認められるという。しかし、IAを伴う青年期のASD患者の特徴は、よくわかっていない。愛媛大学・河邉 憲太郎氏らは、青年期ASDにおけるIAの有病率を調査し、IA群と非IA群の特徴を比較した。Research in Developmental Disabilities誌オンライン版2019年3月13日号の報告。
双極性障害

自閉スペクトラム症患者の精神疾患併発率は?

自閉スペクトラム症を有する患者では、非感情性精神病性障害および双極性障害のリスクが高いといわれている。しかし、自閉スペクトラム症と非感情性精神病性障害または双極性障害の併発を検討したこれまでの研究では、診断バイアスや選択バイアスは考慮されていなかった。オランダ・マーストリヒト大学のR. Schalbroeck氏らは、オランダの精神医学的症例レジストリからの縦断データを用いて、自閉スペクトラム症患者の非感情性精神病性障害または双極性障害リスクを評価し、これまでのオランダ人集団における研究結果との比較を行った。Psychological Medicine誌オンライン版2018年11月21日号の報告。
タイトルとURLをコピーしました