自閉スペクトラム症

ADHD

妊娠中の抗うつ薬使用と子供の発達障害リスク

 妊娠中のSSRIやSNRIなどの抗うつ薬使用と子供の自閉スペクトラム症(ASD)および注意欠如多動症(ADHD)リスクとの関連について、観察研究では一貫性が認められていない。関連を指摘する報告に対し、考慮されていない交絡因子の影響を示唆...
自閉スペクトラム症

自閉症ではその他の精神疾患合併率が高い

 自閉スペクトラム症(ASD)患者は、他の疾患を合併しているケースが少なくない。多くの研究において、ASD患者を対象に精神医学的合併症の有病率が報告されているものの、合併症の発生率は明らかになっていない。台湾・国立台湾大学医学院附設病院の...
統合失調症

統合失調症、自閉症状や自己スティグマとの関連が明らかに

 自己スティグマは、精神疾患患者の自尊心、QOL、自己効力感、治療アドヒアランス、寛解に悪影響を及ぼすことが知られている。自己スティグマに影響する性格特性を明らかにすることができれば、自己スティグマのマネジメントに役立つ情報が得られる可能...
ADHD

精神疾患の併発率の高いADHDや自閉スペクトラム症

 成人の注意欠如多動症(ADHD)や自閉スペクトラム症(ASD)に併存する精神疾患は、医療費の増大を招き、場合によっては診断遅延の原因となる。ギリシャ・国立カポディストリアコス・アテネ大学のArtemios Pehlivanidis氏らは...
統合失調症

AIで統合失調症を診断する時代が

 神経精神疾患の診断は、問診による臨床症状に基づいて行われるため、難しい部分がある。ニューロイメージングなどの客観的なバイオマーカーが求められており、機械学習と組み合わせることで確定診断の助けとなり、その信頼性を高めることが可能である。東...
統合失調症

統合失調症と自閉スペクトラム症、その特徴の違いは

 治療抵抗性統合失調症(TRS)の複雑な病態生理には、重度の陽性症状だけでなく、ほかの症状領域も含まれている。また、統合失調症と自閉スペクトラム症(ASD)の重複する心理学的プロファイルは、明らかになっていない。千葉大学の仲田 祐介氏らは...
統合失調症

類似症状の多い自閉症と統合失調症、鑑別のポイントは

 自閉スペクトラム症(ASD)と統合失調症(SZ)は、類似症状を呈する異種性の神経発達障害である。米国・イェール大学のDominic A. Trevisan氏らは、ASDとSZの重複および鑑別する症状の特定を試みた。Frontiers i...
自閉スペクトラム症

自閉スペクトラム症にリスペリドン(リスパダール)は有効か?

 自閉スペクトラム症(ASD)に対するリスペリドン(商品名:リスパダールほか)の効果を調査した研究はいくつかあるが、これらの研究結果は、矛盾しており、決定的ではない。この研究では、ASDに対するリスペリドンの効果について異常行動チェックリ...
自閉スペクトラム症

ブロッコリーに含まれるスルフォラファン、自閉スペクトラム症の易刺激性や多動性に有効

 自閉スペクトラム症(ASD)に関連する易刺激性は、自宅や医療現場でのASD患者のマネジメントに影響を及ぼす。ASD児の易刺激性改善に対するリスペリドン(商品名:リスパダールほか)とスルフォラファン(ブロッコリーの含有成分の1つ)補助療法...
統合失調症

統合失調症と自閉スペクトラム症、判別法を開発

 統合失調症スペクトラム障害(SSD)と自閉スペクトラム症(ASD)との関係については長年議論されてきたが、いまだに解明には至っていない。京都大学の吉原 雄二郎氏らは、ASDとSSDの関係を定量化および視覚化するために、安静時機能結合MR...
タイトルとURLをコピーしました