不安症、パニック症、強迫症

不安症、パニック症、強迫症

治療抵抗性強迫症治療、増強療法に支持される薬剤は

治療抵抗性強迫症(OCD)の治療では、セロトニン再取り込み阻害薬の増強療法のためにさまざまな薬剤について研究が行われてきた。中国・重慶医科大学のDong-Dong Zhou氏らは、治療抵抗性OCD成人患者における異なる増強療法の包括的な比較を行った。Progress in Neuro-psychopharmacology & Biological Psychiatry誌2019年3月2日号の報告。
不安症、パニック症、強迫症

双極性障害患者の不安障害、どんな治療があるの?

不安障害は、双極性障害患者において最もよく認められる併存疾患である。米国・パデュー大学のCarol A. Ott氏は、不安障害の治療に関して、現時点での情報をまとめた。The Mental Health Clinician誌2018年11月1日号の報告。
不安症、パニック症、強迫症

強迫症の治療、SSRI単独療法 vs. 認知行動療法 vs. 併用療法

強迫症(OCD)の治療では、認知行動療法(CBT)や選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)による薬物療法が行われる。単独療法よりも併用療法が優れている可能性があるものの、これを調査した研究はほとんどなかった。英国・Hertfordshire Partnership University NHS Foundation TrustのNaomi A. Fineberg氏らは、成人OCD患者を対象に、CBT、SSRI治療の単独または併用療法の治療効果について、比較検討を行った。International Clinical Psychopharmacology誌オンライン版2018年8月15日号の報告。
不安症、パニック症、強迫症

パニック症に対する薬物治療は、ここ5年でどのように変化しているのか

パニック症の治療には、いくつかの効果的な薬物治療がある。しかし、その治療結果は多くの患者で不十分であり、現在推奨されている治療法に対する治療反応の質の改善、抗不安薬の組み合わせを広げることの有用性が示唆されている。イタリア・Villa San Benedetto Menni HospitalのDaniela Caldirola氏らは、過去5年間でパニック症に対する薬物治療がどのように変化したかを調査するため、薬理学的研究(第III相臨床試験以降)の最新システマティックレビューを実施した。Expert Opinion on Pharmacotherapy誌オンライン版2018年7月31日号の報告。
不安症、パニック症、強迫症

パニック症合併の双極性障害、その特徴は

最近のデータによれば、不安症は、単極性うつ病と同様に双極性障害と頻繁に合併する。イタリア・カリアリ大学のAntonio Preti氏らは、双極性障害に合併するパニック症に関する文献のシステマティックレビュー、メタ解析を行った。Evidence-based mental health誌オンライン版2018年4月10日号の報告。
うつ病

緑に囲まれた場所に住んだほうが「うつ病」になりづらい

自然のアウトドアな環境に触れることは、一般的な健康状態の改善と関連しているが、抑うつ症状や不安症状などの特定の精神症状に対する保護的な関連性についてのエビデンスは限られている。スペイン・ポンペウ・ファブラ大学のMireia Gascon氏らは、居住地域において緑色や青色の景観へ長期的に触れることによる、不安、抑うつおよびこれらに関連する薬剤への影響について評価を行った。また、この関連に対する潜在的な仲介因子および効果修飾因子についても検討を行った。Environmental research誌2018年4月号の報告。
不安症、パニック症、強迫症

パニック症に対するSSRIやベンゾジアゼピンの評価は

パニック症は、効果的に治療することができる不安症である。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やベンゾジアゼピンは、パニック症に最も汎用される薬剤の1つである。ブラジル・リオデジャネイロ連邦大学のLaiana A. Quagliato氏らは、これら2つの治療薬の有効性、有害事象、限界に関する、現在のエビデンスについて検討を行った。Expert opinion on drug safety誌オンライン版2018年1月22日号の報告。
不安症、パニック症、強迫症

パニック症に対するパロキセチン治療、寛解や治療中止のポイントは

日本人パニック症外来患者に対するパロキセチン(商品名:パキシルほか)薬物療法の寛解と治療中止の決定要因について検討が行われた。
うつ病

青年期のうつや不安と精神病様症状体験との関連

最近の横断研究では、精神病様症状体験が青年のうつ病や不安に関連していることが示唆されている。縦断研究において、PLEの持続により、青年のうつ病や不安がより重篤であることが観察されているが、PLEの出現や寛解により、うつ病や不安の悪化や改善が認められるかはわかっていない。青年期におけるうつ病や不安の縦断的変化と1年間のPLE軌跡との関連について、学校ベースの調査により検討が行われた。
不安症、パニック症、強迫症

双極性障害患者の強迫症合併、その特徴は

双極性障害(BD)と強迫症(OCD)の合併が臨床的に注目されている。しかし、合併症の詳細な特質や疾病分類学的な妥当性は、よくわかっていない。そこで、BD患者におけるOCDの合併率、臨床的特徴、相関関係について調査が行われた。
タイトルとURLをコピーしました