ルラシドン(ラツーダ)の双極性うつ病に対する有効性

 混合性(亜症候性躁病)の双極性うつ病の小児および青年の治療に対するルラシドン(商品名:ラツーダ)の有効性と安全性について、米国・スタンフォード大学のManpreet K. Singh氏らが、事後分析により評価を行った。Journal of Child and Adolescent Psychopharmacology誌オンライン版2020年5月8日号の報告。

 DSM-Vで双極I型うつ病と診断された10~17歳の患者を対象に、6週間のランダム化二重盲検試験を実施した。対象患者は、ルラシドン20~80mg(フレキシブルドーズ)またはプラセボを1日1回投与する群にランダムに割り付けられた。混合性(亜症候性躁病)は、ベースライン時のヤング躁病評価尺度(YMRS)5以上と定義した。評価項目は、ベースラインから6週目までのChildren’s Depression Rating Scale-Revised(CDRS-R)スコア(主要評価項目)および臨床全般印象度-双極性障害 重症度(CGI-BP-S)スコアとし、反復測定分析による混合モデルを用いて評価した。

主な結果は以下のとおり。

・ベースライン時に亜症候性躁病が認められた患者の割合は、54.2%であった。

・ルラシドン治療は、亜症候性躁病の有無にかかわらず、6週間後のCDRS-Rスコアを有意に減少させた。
 ●亜症候性躁病あり:ルラシドン(-21.5)vs.プラセボ(-15.9)、p<0.01、エフェクトサイズd=0.43
 ●亜症候性躁病なし:ルラシドン(-20.5)vs.プラセボ(-14.9)、p<0.01、d=0.44

・ルラシドン治療は、亜症候性躁病の有無にかかわらず、6週間後のCGI-BP-Sスコアを有意に減少させた。
 ●亜症候性躁病あり:ルラシドン(-1.6)vs.プラセボ(-1.1)、p<0.001、d=0.51
 ●亜症候性躁病なし:ルラシドン(-1.3)vs.プラセボ(-1.0)、p=0.05、d=0.31

・治療中に認められた軽躁病および躁病の発生率は、ルラシドンとプラセボで同等であった。
 ●亜症候性躁病あり:ルラシドン(8.2%)vs.プラセボ(9.0%)
 ●亜症候性躁病なし:ルラシドン(1.3%)vs.プラセボ(3.7%)

 著者らは「ルラシドンは、混合性の双極性うつ病の小児・青年の治療に有効であり、治療に伴う躁病リスクを含む安全性プロファイルは、プラセボとの差が認められなかった」としている。

出典

Singh MK, et al. J Child Adolesc Psychopharmacol. 2020 May 8. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました