双極性うつ病に対するドパミン作動薬の効果は

双極性うつ病のアウトカムに対するドパミン作動薬(モダフィニル[商品名:モディオダール]、armodafinil、プラミペキソール[ビ・シフロール]、メチルフェニデート[コンサータほか]、アンフェタミン)の影響について、アルゼンチン・Favaloro UniversityのA G Szmulewicz氏らは、システマティックに検討を行った。Acta psychiatrica Scandinavica誌オンライン版2017年3月3日号の報告。

双極性うつ病に対するドパミン作動薬治療の有効性、安全性を評価するため、ランダム化比較試験のメタ解析を行った。2次解析として、無作為化比較試験と高品質の観察研究の両方から得られた知見を、ドパミン作動薬治療に関連する新規の躁症状を探るため、メタ解析手順によりプールした。

主な結果は以下のとおり。

・無作為化比較試験のメタ解析には、9件の研究(1,716例)が含まれた。
・ドパミン作動薬による双極性うつ病治療は、治療反応率(1,671例、RR:1.25、95%CI:1.05~1.50)および寛解率(1,671例、RR:1.40、95%CI:1.14~1.71)の増加と関連していた。
・この治療による気分変動リスクの増加は認められなかった(1,646例、RR:0.96、95%CI:0.49~1.89)。
・2次解析(1,231例)では、平均フォローアップ期間7.5ヵ月間の気分変動累積発生率は、3%(95%CI:1.0~5.0)であった。

著者らは「予備的知見では、ドパミン作動薬は、双極性うつ病治療のための有用な代替法でありうることを示唆しており、短期経過観察中の気分不安定化のリスク増加を来さない」としている。

出典

Szmulewicz AG, et al. Acta Psychiatr Scand. 2017 Mar 3. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました