コエンザイムQ10併用療法、双極性障害のうつ症状に有効

双極性障害(BPD)は、躁病、軽躁病、うつ病エピソードによって特徴付けられる慢性的かつ再発性の気分障害である。利用可能なエビデンスでは、BPDの病態生理においてミトコンドリア機能不全、酸化ストレス、炎症が、重要な役割を担っていることが示唆されている。それは、ミトコンドリアモジュレーターであるコエンザイムQ10(CoQ10)、抗酸化薬、抗炎症薬が、BPDの病態生理の経路を調節するために有用であることを意味している。イラン・Hamadan University of Medical SciencesのMaryam Mehrpooya氏らは、BPD患者のうつ症状に対し、補助的なCoQ10治療がプラセボと比較し、どの程度有用であるかについて調査を行った。Journal of Clinical Psychopharmacology誌オンライン版2018年8月14日号の報告。

抑うつ症状を伴うBPD患者69例を対象に、補助的CoQ10(200mg/日)群またはプラセボ群にランダムに割り付けた。気分安定薬および抗うつ薬による標準的な薬物治療は、本試験の2ヵ月前および試験中に一貫して行われた。ベースライン時、4週目、8週目の各患者のうつ病重症度は、Montgomery Asbergうつ病評価尺度(MADRS)を用いて評価を行った。

主な結果は以下のとおり。

・両群において、うつ症状が時間とともに減少した。
・補助的CoQ10群は、プラセボ群と比較し、8週目のうつ症状の改善が認められた。
・補助的CoQ10群は、プラセボ群と比較し、試験終了時の治療反応者がより多く観察された。
・CoQ10は、副作用が少なく、忍容性が良好であった。

著者らは「BPD患者に対する補助的CoQ10治療は、プラセボと比較し、8週間にわたるうつ症状改善効果が認められた。これは、CoQ10の抗酸化・抗炎症作用によるものであると考えられる」としている。

出典

Mehrpooya M, et al. J Clin Psychopharmacol. 2018 Aug 14. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました