ぷしこるsan

統合失調症

統合失調症治療、EPAやDHAで症状が軽減

統合失調症に対する潜在的な増強療法として、ω3多価不飽和脂肪酸の使用は、支持されるものであった
てんかん

てんかん重積状態に推奨されるベンゾジアゼピン投与の現状

入院前や救急受診環境におけるベンゾジアゼピン投与は、ガイドラインで推奨されているよりも少用量であった
うつ病

産後うつ病と妊娠中の体重増加は関連しているのか

妊娠前のBMIが20.0~23.0の女性では、妊娠中の不十分な体重増加が産後うつ病のリスク因子であるため、早期に発見するためにも、妊娠中の体重をモニタリングすることが推奨される
認知症

認知症リスク、人種により違いはあるのか?

認知症発症リスクは、白人と比較し、黒人で高く、アジア人で低いことが示唆された
うつ病

うつ病治療アプリを実用化するために

うつ病治療アプリにユーザーが期待する重要なポイントとして、簡単かつ直感的な使い方とパーソナライズされたコンテンツが挙げられる。うつ病治療においては、うつ病に関する情報提供、自己モニタリング機能、緊急時の支援を可能とするアプリが求められている
その他

老年精神薬理学を専門家はどう考えている

アルツハイマー病、重度または難治性のうつ病、がんおよび終末期ケアに焦点を当てた、老年精神医学に関連する最近の進展についてのレビュー
統合失調症

肥満や代謝異常は抗精神病薬の変更で改善するのか

アリピプラゾールのような体重増加リスクの低い抗精神病薬に切り替えることにより、体重プロファイルや心血管代謝を改善することが可能である
その他

日本における薬物使用と性行為、依存形成のリスク因子は

薬物、メタンフェタミン、新規精神活性物質の使用下における無防護性交の頻度は、薬物使用と性交の認知された相互依存(PIDS)との強い関連が示唆された。また、薬物使用の重症度とPIDSとの有意な関連も認められた
うつ病

注意が必要な妊婦のうつ病、中等度~重度で出産時の問題が高リスクに

中等度~重度のうつ病を有する妊婦は、妊娠高血圧腎症、帝王切開、会陰切開などのリスクが高かった
小児

統合失調症を発症する小児期の特徴

保護者の報告によると、統合失調症の発症を予測する小児期の心理的行動の特性に違いがあることが示唆された
タイトルとURLをコピーしました