パニック症に有効な治療は?

パニック症の治療法は進展しているものの、より効果的かつ忍容性に優れる治療選択肢へのニーズは依然として高い。ブラジル・リオデジャネイロ連邦大学のMorena M. Zugliani氏らは、パニック症に対する薬理学的および神経調節性治療に関する最近のエビデンスについて検討を行った。Psychiatry Investigation誌2019年1月号の報告。

2010~18年に発表された臨床試験を、主要データベース(MEDLINE、Cochrane Library、PsycINFO、トムソン・ロイターのWeb of Science)を用いて検索した。ランダム化比較試験(RCT)または対象患者10例以上のプロスペクティブ臨床試験を抽出した。

主な結果は以下のとおり。

・11論文(RCT:4件、オープン臨床試験:3件、比較臨床試験:5件)が選択基準を満たした。
・RCT研究では、2つの試験のうち1つにおいて、経頭蓋磁気刺激(TMS)の有効性が認められた。
・ピンドロール(商品名:カルビスケンほか)、d-fenfluramineは、フルマゼニル誘発性パニック発作に有効ではなかった。
・クエチアピン(セロクエルほか)増強療法は、プラセボと比較し、優れた有効性が認められなかった。
・オープン試験では、エスシタロプラム(レクサプロ)、vortioxetine、TMSが有効である可能性が示唆された。
・比較試験では、どの薬剤においても有意性は認められなかったが、tranylcypromine、パロキセチン(パキシルほか)、クロナゼパム(リボトリール、ランドセン)、アルプラゾラム(コンスタン、ソラナックスほか)が有効な治療選択肢であることが確認された。

著者らは「現在の研究では、パニック症に対しては、tranylcypromine、パロキセチン、クロナゼパム、アルプラゾラム、エスシタロプラムの有効性が確認されている。vortioxetineとTMSも、4週間以上の期間を要するものの有効と考えられる。クエチアピン、ピンドロール、d-fenfluramineでは、有効性が認められなかった」としている。

出典

Zugliani MM, et al. Psychiatry Investig. 2019;16:50-58.

コメント

タイトルとURLをコピーしました