SSRIで効果不十分な強迫症への治療、抗精神病薬治療の有用性は

強迫症(OCD)患者の多くがセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に対する反応が十分ではなく、抗精神病薬による増強療法が行われることがある。こうした治療抵抗性例に対する抗精神病薬付加の有効性を評価する目的で、オーストリア・ウィーン医科大学のMarkus Dold氏らが、検討を行った。無作為化二重盲検プラセボ対照試験のメタ解析の結果、SSRI治療抵抗性OCD患者には、抗精神病薬による治療が有効であることが示された。International Journal of Neuropsychopharmacology誌オンライン版2015年5月4日号の掲載報告。

研究グループは、SSRI治療抵抗性OCDを対象とした抗精神病薬の無作為化二重盲検プラセボ対照試験(RCT)について、2015年1月までに発表された論文をClinicalTrials.gov、Clinicaltrialsregister.eu、CENTRAL、EMBASE、PubMed/MEDLINEおよびPsycINFOを用いて検索した。主要評価項目は、Yale-Brown強迫尺度(Y-BOCS)総スコアの平均変化量、副次的評価項目は強迫観念、強迫行為、反応率および中断率で、データ収集は2名の研究者が独立して行い、Hedges’s gとリスク比を算出した。

結果は以下のとおり。

・14件(491例)のRCTが組み込まれた:クエチアピン(商品名:セロクエルほか)4件(142例)、リスペリドン(リスパダールほか)4件(132例)、アリピプラゾール(エビリファイほか)2件(79例)、オランザピン(ジプレキサほか)2件(70例)、パリペリドン(インヴェガ)1件(34例)、ハロペリドール(セレネースほか)1件(34例)。
・抗精神病薬増強療法はプラセボより、Y-BOCS総スコアの減少が有意に大きく、有効性が示された(14件、478例;Hedges’s g=-0.64、95%信頼区間:-0.87〜-0.41、p<0.01)。
・アリピプラゾール(Hedges’s g=-1.35)、ハロペリドール(Hedges’s g=-0.82)、リスペリドン(Hedges’s g=-0.59)は、プラセボより有意に優れていた。
・強迫観念や強迫行為の改善および反応率は、抗精神病薬がプラセボより優れていた。
・全中断率は、抗精神病薬とプラセボとの間に有意差はみられなかった。
・なお抗精神病薬の用量やベースラインでの症状の重症度は、メタ解析の結果に影響しないことが示唆された。

結果を踏まえて著者は、「抗精神病薬の増強療法は、SSRI治療抵抗性OCDに対する根拠に基づいた治療である」と結論付けている。

出典

Dold M, et al. Int J Neuropsychopharmacol. 2015 May 4. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました