ADHD児の学習能力を向上させるには

注意欠如多動症(ADHD)児は、急性で長期的な学習障害や家庭学習の明らかな困難さを含む成績不振を示す。Brittany M Merrill氏らは、家庭学習完遂の問題に対し、行動療法や精神刺激薬による治療、それらの併用治療の効果が、長期的な学業成績を予測するかを検討した。Journal of consulting and clinical psychology誌オンライン版2016年9月12日号の報告。

ADHD児75例(年齢:5~12歳、男児率:83%、ヒスパニック、ラテン系率:83%)およびその家族は、行動療法群(家庭学習にフォーカスしたペアレントトレーニング[BPT]と日報カード[DRC]の組み合わせ)または対照群(治療待機)にランダムに割り付けられた。対象児は、夏季治療プログラムに参加し、精神刺激薬と並行したクロスオーバー試験に参加した。子供の客観的な家庭学習完遂と精度および子供の家庭学習行動に対する親の報告、子育てスキルも測定した。

主な結果は以下のとおり。

・BPT+DRC療法は、家庭学習完遂と精度に大きな影響を及ぼした(Cohen’s ds:1.40~2.21、ps:0.01)。
・その他の治療結果では、単一薬治療、増分併用治療の利点は、有意ではなかった。
・行動療法は、子供の家庭学習完遂や精度に対する問題に明確な利点を示したが、長時間作用型刺激薬は限定的で、急性影響は大部分において認められなかった。

出典

Merrill BM, et al. J Consult Clin Psychol. 2016 Sep 12. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました